とよす公式オンラインショップ

ご挨拶

「美味しさ、感動、健康」を創造することを使命とし
「お客様」にとってより良い商品を提供いたします。

 平素は当社の商品にご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 とよすは、1902年(明治35)年、創業者豊洲卯三郎が「丁寧に手作りした焼き立てを
お客様にお手渡ししたい」という夢を抱いて創業して以来、焼きたての美味しいあられを
「とよす」だと分かって食べていただきたい、お客様の嗜好や生の声を目の前で知りたいと
いう思いを受け継いでまいりました。
 高い品質を維持するための一貫生産体制、業界初の品質保証期間の明示など、
品質の追及とお客様第一主義の姿勢は、私たち創業以来の使命です。

 日本の自然と農家の人々が育んだ「米」、米を寝かし、蒸すために用いる「水」を
はじめ素材をとことん見つめなおし、心と技を尽くしてつくりだす「あられ」。
 とよすはそんな「あられ」をお届けすることによって人々が笑顔になり、
また身も心も豊かに満たされていただきたいと願いながら日々働く会社です。

 母〜娘〜孫三代に親しまれる「ひなあられ」、生野菜サラダのサラダ・ドレッシングの
ように焼き上げたあられにサラダ・オイルで風味をつけた「ハイサラダ」。
 素材や味わい、季節を感じられる形にこだわり1つ1つ真心こめておつくりした、とよすのギフト。

 100年以上に亘って脈々と受け継がれてきた「とよす」の誇りとチャレンジ精神から、
あらゆる国や地方の料理を美味しくアレンジして取り入れる日本のキッチンさながらに、
「柿の種」に様々な料理のエッセンスを取り入れた「かきたねキッチン」が誕生し、
米の持つ力をとことん追求し、米本来の味にこだわり、厳選した山海の素材を使用した「十火JUKKA」を生み出しました。

 「お客様と社会の支持と満足」や「信頼」を得るためにも積極的に新商品開発に取り組みます。

 時代の流れを見てひとりひとりのお客様の好みに寄り添ったあられを作り、
「伝統的米菓」と「新しさの融合」のものづくりでお客様の思いもよらないようなプラスアルファの喜びや
感動をお届けし、「とよすブランド」としてお客様に信頼されるブランドを目指してまいります。

 今後とも、皆様のさらなるご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

昔も、今も、そしてこれからも
「あられはやっぱり、とよす・・・」

とよす株式会社
代表取締役社長 助川 勉